• 検索フォーム

  • リンク

  • amazonタグクラウド

    Amazon タグクラウド by ajaxblogparts requires Flash Player 9 or better.

  • プロフィール

    huckleberryjam

    Author:huckleberryjam
    執筆時29歳。結婚5年目子供なし。職業はプログラマー(年収少)。

  • pictlayer


--/--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Home | Category : スポンサー広告 |  Comment  |  Trackback
2010/04/20(Tue)

ウォークインクローゼットを綺麗に保つ3つのルール

その脱ぎ散らかし方、凶暴につき

前回のエントリーで紹介したウォークインクローゼットだが、
我が家ではあるルールを決めている。

それは、「特定の場所に限って脱ぎ散らかしてもOK」というもの。

のりこ収納のハンガーパイプの1本をそのゾーンに設定し、
ちゃんとした場所に戻すのが面倒な場合にこのパイプを利用。
服の一時置き場として活用している。

①シワになる服で、すぐに片付けられないもの、またすぐに着るだろうものは特定のハンガーパイプに掛ける。


さらにそのパイプの下には、無印良品のランドリーボックスを2つ配置。

これを夫婦で一人ひとつ利用する。

②シワになってもいい服で、すぐに片付けられないもの、またすぐに着るだろうものはランドリーボックスに入れる。

③一人ひとつランドリーボックスを使用。相手のランドリーボックスには服を入れない。


と、これだけのルールを設定したのだが、ランドリーボックスやハンガーパイプにある程度服がたまったなぁと思ったら、
休みの日などを利用して、ちゃんとその中の服を片付けている。

ルールさえ守ればきっちりとしなくてもいいというちょっとした心の余裕が心地いい感じ。

それに相手のランドリーボックスが空になっていたら、自分もちゃんとしなくちゃとも思えるし。

きっちりと物事を片付けられない、ゆるゆるな感じのボクら夫婦には
この方法がうまく行くのだった。



スポンサーサイト
Home | Category : [建物]11.収納 |  コメントアイコン Comment2  |  Trackback0
2010/04/16(Fri)

近藤典子のウォークインクローゼット

我が家ではそれを「のりこ収納」と呼ぶ

ウォークインクローゼットの紹介。

walkincloset_20100420.jpg
*図面はクリックで拡大可能

ウォークインクローゼットは、寝室の横に位置している。
その3畳のスペースにえいやっという感じで夫婦の服を詰め込んでいる。

とは言え、さすがにその詰め込んだ服はお見せできないので、
今回は入居直後の何も置いていない画像をお見せしようと。

クローゼットの収納は、ダイワハウスと共同プロジェクトをしている近藤典子しまいごこちユニットにした。
棚がいろんな高さに可変可能で、服の料や使用用途、季節に合わせて、棚を調整することができるので便利。

DSCF3946_036_s.jpg

なんの打ち合わせもなく、このパターンになっていたが、
調べてみると、いくつかパターンがあるみたい。

まぁ、不便ではないからいいんだけどさ。

DSCF3946_037_s.jpg

入り口付近には、鏡もついているので、
お出かけ前はココで身だしなみチェックを。


この「のりこ収納」、使い勝手がとても良くて、すごくおすすめではあるけれども、
値段が高いという印象がある。

なんだかコミコミで支払ったので、細かい価格は分からないのだけけれども。


ということで、ボクらは価格をできるだけ抑えるために、
写真に写っているもの以外の収納はIKEAなどで調達。



これだけでも結構お金浮いた気がする。


と。

IKEAのページを見ていたら、
そもそも結構似たような商品が多数あることを発見。

こういうものをうまく活用できれば、同じコンセプトで、
のりこ収納よりも、もっともっと安く仕上げることができたなぁ。。。

いいんだ。

いいんだけどさ。



Home | Category : [建物]11.収納 |  コメントアイコン Comment1  |  Trackback0
2010/04/01(Thu)

爪が丸いという遺伝

うちの駐車場側の外構に植えたカツラの木。

植えたばかりのときは、12月ということもあって、
葉は全くなく、枝の先には固いツンツンがあるだけだった。
DSCF3609_s.jpg

それが冬の厳しい寒さが和らぐにつれて、
ツンツンは徐々に柔らかい葉っぱに変化していって、
DSCF3610_s_20100401233525.jpg

つんつるてんだったカツラの木に
徐々にハート型の葉っぱができてきた。
DSCF3611_s.jpg

最近はいろんな植物に日々変化があってすごく面白い。

どんどん葉っぱが枯れていって、越冬できるかどうか
心配だったシンボルツリーのシマトネリコも、
まだまだちっこいけど、ごにょごにょした感じの葉が徐々に付き始めた。
DSCF3612_s.jpg

夏にはたくさんの緑で庭が覆われればいい。





Home | Category : [外構]03.庭 |  コメントアイコン Comment4  |  Trackback0
2010/03/23(Tue)

かくれんぼか鬼ごっこよ song by 大槻ケンヂと絶望少女達

住まいのお手入れ勉強会

3月の3連休初日、ダイワハウスのとある支店で行われた「住まいのお手入れ勉強会」に参加。


入居から3ヶ月ほどが経ち、家の中にも徐々に汚れが出始めてきた
ちょうどいいタイミングでこの勉強会。

引渡しの時にある程度の説明は受けていたものの、一度にたくさんの設備の説明を受けたことや、
入居前ということで、実際に暮らした上での問題を体感できていなかったことを理由に、
その時の説明はすっかりと頭の片隅にも見つけることができなくなってしまっていたボク。

ということで、嫁の休日も合わせてもらって、即参加の申し込み。


会場は6つのコーナーに分かれている。

  1. トイレのお手入れ
  2. ガスコンロ・IHヒーターのお手入れ
  3. フローリングワックスのかけ方
  4. フローリングのキズ補修
  5. クロスのキズ補修
  6. 網戸の張替え


そして、参加者は4組程度のグループ6つに分かれて、それぞれのコーナで説明や実演を実施。
一つのコーナーでの説明が終了したら、別のコーナーへ移動という流れ。


各コーナーごとにメーカーさんが説明してくれるのだけど、
実際に参加者が設備を触りながらお手入れを体感できるメーカーさんが多数あって、非常によかった。

網戸の張替えなんて、なかなか体験できないし。


ボクが一番参考になったと思ったのはフローリングのキズ補修。

フローリングのキズに関しては、住み始めてすぐにできてしまっていたものだし、
まぁそれは引越しのこととかもあるので、ある程度は仕方ないと諦めていた。

そのフローリングのキズが簡単に治るという。


このクレヨンを使って。


サンプルのフローリングに彫刻刀でキズをつけ、それをこの「かくれん棒」で補修。

実際に簡単に治るし、なんとかかんとかって言う筆を使えば、木目も再現できる。
ただ、ちょっとコツが必要で、クレヨンを火で溶かす時に、
あまり火に近づけすぎてしまうと、クレヨンの蝋が黒くなってしまうので、そこだけは注意が必要。


帰りに家のお手入れに関する記念品をもらって帰宅。

すべてのコーナーでのレクチャーを終えるまで、2時間半。
あっという間で非常に充実した時間を過ごすことができた。


ある程度暮らし始めてからもなお、無料でこういった機会を用意していただいた
ダイワハウスに改めて感謝。


他のハウスメーカーも結構こういった勉強会ってやっているのかなぁ。。。

ともかく、すごくいい一日でした。
ありがとうございました。



Home | Category : [その他]03.その他 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
2010/03/20(Sat)

占いで見てもらったら男3人女4人の子供が産まれると言われた

可変可能な空間

はじめに。

ほぼ毎日、更新確認の為にアクセスしてくださった方、ありがとうございました。
そしてすいません。

いろんなことが落ち着いてきたので、
ようやく2階部分を公開できそうです。

FA_20100319.jpg
*図面はクリックで拡大可能


2階は実はまったくと言っていいほど使用していない部屋がある。
南側の一番陽の入る部分。
Photo0018.jpg

2階の中で一番いい条件の部屋を空き部屋にしているのは、
将来ここを子供部屋にしようと考えているから。
ただ、ボクら夫婦には幸か不幸か子供がまだいないので、
今のところ図面上では「ファミリースペース」という記載になっている。

さて、この部分には確認犯的に壁を設けていない。

まだ子供がいない今は、できる限り家の全体の空間を開放的にしたかったため、
そこの壁は子供部屋が必要になってから設置しようと考えたからだ。

なので、今は2階部分はこんな感じ。何もない。

DSCF3946_025_s.jpg

ただし、このスペースをその日がくるまで空きスペースにしてしまうのは
あまりにもったいないので、部屋の区切り用のロールカーテンを設置した。

Photo0019.jpg

窓ではない部分につけられた2つのロールスクリーン。
これを下ろせば簡易的な部屋に。

Photo0020.jpg

これは例えば、お客さんが泊まりに来た時などに利用できる。


そうやって動的に部屋を区切ることを前提として作った空間。

将来いくつの部屋ができるのだろうか。

1人だったら、1部屋。

2人だったら、2つに区切って2部屋。

10人だったら、10コに区切って。。。

たった8畳のスペースだが、
有無を言わさずそうなる予定。

狭いなんて言わせない。
DSCF3946_029_s.jpg



Home | Category : [建物]12.子供部屋 |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top
旅ポケドットコム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。